アコム以外の消費者金融情報

借りる人次第の消費者金融

 一番借りてはいけないのは、カードローンによるリボ払いである。 現在の不景気のせいで、手元にお金がないから今月だけならという気持ちでお金を借りると痛い目を見る。 説明文を見てみると、非常に便利そうで使いたくなるし、リボ払いにすればポイントが貯まるといった言葉まであるため、 ついついやりたくなってしまう。 私自身どうしてもお金が足りなくなってしまい、来月の給料で返せばいいだろうと思ってリボ払いにしてしまったことがあるが、 それが大きな失敗で、その後も特に収入が増えるわけではなかったので、返済するのに非常に苦労した。


  私の場合は、ネット銀行だったため、特に詳しい説明を受けるわけでもなく、 自分で文章を読んで簡単にやってしまったのだが、当たり前だが利息が高い。 一ヶ月に1%強の利息を取られるのだから、銀行にお金を貢いでいるような気分だった。 さらに良くないのが、元々すぐにカードローンに頼ってしまうくらい収入の少ない人間だったため、 すぐに返済することなどできないのである。 リボ払いにすると、一ヶ月の支払いは5000円から10000円でもよいので、次の月になってもまだ大丈夫かとか、 もう少し借りても大丈夫かと思ってしまうのである。


  毎月コンスタントに利息を3000円くらい払うようになると、負のスパイラルにはまってしまっている。 銀行からすればおそらく一番いい状態で、毎月貸し倒れることもなく、いい収入が入ってくる。 銀行員になりたいと思ったくらいである。一度この状態になってしまうと、中々抜け出せなくなってしまうので、 最初からリボ払いをしないことが一番なのである。 ボーナスが出るような企業に勤めているのであればまだしも、そうでなければ銀行にひたすらお金を貢ぐことになってしまう。 だから、私はリボ払いを借りてはいけない消費者金融情報として挙げたい。


  今まで散々カードローンのことを悪くいったが、ローンにもいいローンと悪いローンがあると思う。 リボ払いは大抵の場合悪いローンだと思うのだが、使いようにようによっては、いいローンになることもある。 それは、毎月の支払いよりも多くの収入を得られるようなローンの仕方である。 カードローンでそこまでの金額が借りられることはないと思うが、例えばローンを組んで不動産を買い、 その家賃収入で、毎月のローンの返済額、その他諸経費を上回ることができれば、それはいいローンと言える。 他にも、自分にどうしてもやりたいことがあって、人生の勝負を仕掛けるためのローンであれば、それはいいローンであると言えるだろう。 そんないいローンの中で何か一つカードをおすすめするならアコムマスターカードになるだろう。 アコムマスターカードならば何かの時のために常備しておくのもいいだろう。 ずっとリボ払いの悪口を言ってしまったが、結局は借りる人、カードを持つ人次第ということになる。